ベッティングガイド

卓球のオッズや賭け方【初心者】

1980年代を境に中国が席巻しだしたプロ卓球の世界。
卓球の主要な大会で中国の選手が上位を占めることが珍しくなくない時期が続きました。
しかし最近になって事情は変わってきています。

日本の若手選手がワールドランキング上位に食い込めるようになってきました。

これから伸びていく気配のある日本卓球をより楽しむために、卓球の賭け(ベッティング)をしてみたいと考える方も多いでしょう。

他のベッティングに比べて面白い賭け方が楽しめる卓球ベッティング、まずはベッティングのプレイヤーが集まる著名な大会について把握しましょう。

ブックメーカー(卓球)で賭けられる世界のリーグや大会

卓球は国際大会だけでなく国内プロリーグも数多く存在します。
絶対に見逃せない大会は3つほどですが、大会期間が短く開催が数年に一度というペースです。

卓球ベッティングするなら1年を通してコンスタントに試合をしてくれるリーグやツアー大会も重要ですから、ここでまとめてチェックしましょう。

各国のクラブチームのリーグ戦や大会

卓球が人気スポーツとして定着している国は、中国、韓国、シンガポール、ドイツ、スウェーデン、フランス、イギリス、ロシア、ポーランドなどです。

この中には国内に卓球のプロリーグを持っているところも多く、代表的なものは「中国スーパーリーグ」「ブンデスリーグ」、「モスクワリーグ」、「フランスリーグ」「スウェーデンリーグ」があります。

ブックメーカーサイトが盛んにオッズを付けるのはロシアリーグ、ブンデスリーグで、特にロシアリーグは試合数が多く、ブックメーカーサイトで目立つ存在です。

日本にもプロプレイヤーが参加する、2018年に開設されたTリーグがありますが、ブックメーカーサイトでオッズが付けられたことは確認できませんでした。

残念ながら日本の卓球リーグに賭けるのは難しいようです。

卓球は国内選手を限定とした大会も各国で開かれます。
日本にはその年のナンバーワン・プレイヤーを決める全日本卓球選手権大会がありますが、ヨーロッパを中心に同様の国内国内選手を対象とした選手権が行われています。

しかし、これらのローカルな大会がブックメーカーで取り上げられることはほとんどありません。

ナショナルチームの国際大会

卓球は新旧さまざまな国際大会が開かれています。
知名度の高いものから紹介していきましょう。

日本を始め世界各国のファンが固唾を呑んで見守る大会といえば「オリンピック」です。
国を背負って戦う大会ですから選手にかかるプレッシャーが尋常ではなく、実力通りの勝敗が出やすいスポーツ競技であっても大番狂わせが期待できます。

オリンピックの他には「ワールドカップ」と「世界卓球選手権」がファンの間でよく知られています。
両方とも40年近い歴史のある大会で卓球ファンなら必見の大会です。

1年間通して行われるツアー大会といえば「ITTFワールドツアー」です。
選手たちは国際卓球連盟が主催する世界各地の大会を戦い抜くことになります。

毎年15ほどの大会がこのツアーに登録され、最後にはツアー上位の選手だけで行われるグランドファイナルが開催されます。

ツアーに登録される大会の中でも特に重要なのは「ジャパンオープン」「ドイツオープン」「オーストリアオープン」「中国大会」の四つです。有力選手が集まるので、この4大会で勝つことは選手にとって実力を証明することになります。

ブックメーカーサイトで取り上げられる国際大会は多くが世界大会か、もしくはヨーロッパ大会です。アジア選手権など日本ではおなじみの大会は残念ながら賭けの対象とはなっていません。

卓球のビックな大会

数ある卓球の大会の中でも規模が大きいものは「オリンピック」「ワールドカップ」「世界卓球選手権」の3つです。
卓球の3大大会とも言える存在で、ファンなら見逃せないトップクラスの試合が組まれます。

日本の卓球ファンにとって一番心待ちにしているのは次回の東京オリンピックでしょう。
張本智和選手をはじめ若手プレイヤーの活躍が期待されます。

ワールドカップは毎年9月から10月頃に行われる国際大会です。
1980年から続いており、開催地は大会ごとに変わりますが最近はヨーロッパの国々になることが多いです。

大会ランクがレーティング1位に設定されている世界トップレベルの大会ですから、優勝すれば実力が認められ一気にトップ選手として名声が高まります。

この大会でも強いのは中国の選手。この10年で8回中国の選手が優勝しています。

世界卓球選手権は3大大会の中で最も歴史ある大会になります。
ワールドカップ同様に国際卓球連盟が主催する大会で、なんと1928年から続いています。

卓球界の中で最も権威ある大会と言われ、ここで勝つことを目標としている選手も少なくありません。

ナンバーワンの大会だけあって選手の気持ちの入れようも別格ですから、選手の本当の実力を見られる大会でもあります。
開催時期は毎年4月頃です。

卓球のオッズ・賭け方

卓球の賭け方で基本となるのは「勝つ選手を当てる」ものです。
単純なルールですが賭けるリーグによっては「引き分け」があるので注意が必要です。

勝敗が明らかなゲームに関しては「ハンディキャップ」を利用しましょう。
この賭け方ではブックメーカーが指定するハンデを試合結果に加えて試合を再評価します。
再評価の結果、負けた方が勝者として扱われることもあります。

ハンデの数値次第なところもある賭け方ですので初心者が的中させるのは少し難しいかもしれません。

他のスポーツベッティングであまり見かけない賭け方は「指定のセットで試合が終わるか当てる」ものです。

ブックメーカーが指定するセット数で試合が終わるか否かの2択からひとつ選ぶだけですから、初心者でも十分楽しむことができます。

卓球玄人でも的中が難しいのが「二人のプレイヤーの合計スコアが特定の数値を超えるかどうか当てる」ものと、「最終スコアを当てる」ものです。

ユニークなのは「プレイヤーのある期間における総得点を当てる」「ある期間の間に選手がプレイした試合の数が奇数か偶数か当てる」賭け方です。

全てのブックメーカーで用意されている賭け方ではありませんので、見かけたら一度賭けてみるのも面白いかもしれません。

おすすめブックメーカー(日本語対応)

10bet Japan(テンベットジャパン)

10bet(10ベット)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:SUN100

Williamhil(ウィリアムヒル)

Williamhil(ウィリアムヒル)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:JP100

関連記事