ベッティングガイド

パシュートのオッズや賭け方【初心者】

2018年の平昌冬季オリンピックでの金メダル獲得で一気に人気と知名度が上がったパシュート。
それまで全く人気のなかった種目だけにルールからして知らない方がほとんどですよね。

実はパシュートは毎年、世界大会で競技が行われるスピードスケートの種目のひとつなんです。
国際スケート連盟が主催するワールドカップもあり、2018-2019シーズンでは高木美帆選手をはじめとしたパシュート日本チームが優勝しました。

オリンピックの興奮をもう一度味わいたいなら、パシュートベッティングは見逃せませんよ!

パシュートの賭けにおすすめのブックメーカー

10bet Japan(テンベットジャパン)

10bet(10ベット)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:SUN100

Williamhil(ウィリアムヒル)

Williamhil(ウィリアムヒル)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:JP100

ブックメーカー(パシュート)で賭けられる世界のリーグや大会

パシュートはオリンピックで人気が出ましたか、それ以前にはあまり注目されることがないスポーツでしたので、オリンピック以外にどのような大会があるのか、どの国で盛んに行われている競技なのか分からない方も多いと思います。
パシュートベッティングを楽しむためには大会の開催期間を知る必要がありますから、大会の特徴も含めてここで確認しておきましょう。

各国のクラブチームのリーグ戦や大会

スピードスケートの強豪国として有名なのはオランダ、ドイツ、チェコ、カナダ、アメリカなどです。
そのなかでも実力、選手層の厚さ共にトップクラスなのがスケート大国オランダです。
平昌オリンピックでも最後まで日本チームを苦しめました。

オランダのスケーターたちは実力によってレベル分けされ、国内外の大会に優勝することを目指して活動します。

オランダの有名な国内大会は200kmを走るマラソンスケートとして有名な「エルフステーデントフト」です。
他には1901年から続く「KNSBオランダオールラウンド選手権」や「KNBSオランダ短距離選手権」がありますが、いずれもパシュートは競技種目に含まれていません。

仮に大会の競技種目にパシュートがあってもブックメーカーがオッズを付ける可能性は低いです。

ブックメーカーに取り上げられるパシュートの大会は、国内のローカルな大会ではなく国際大会がメインなんです。
これはトッププロのほとんどが国際スケート連盟が主催するワールドカップに登録されている国際大会に活躍の舞台を移してしまうためです。
やはり世界の強豪と自国の有名選手が競っている姿を見るのは興奮しますから、ファンの方たちは自然とワールドカップの方に目を向けてしまいます。
ブックメーカー各社もその点はよく分かっているんでしょう。
ローカルの大会でパシュートベッティングするのは難しいのが現実です。

ナショナルチームの国際大会

プロ選手が行うパシュートのゲームを1試合でも多く見たいならチェックすべき大会は国際スケート連盟主催の「スピードスケート・ワールドカップ」です。
毎年、11月からウィンタースポーツが終わる3月頃まで開催され、世界各地をめ巡りながら熱い戦いを繰り広げられます。
2017年から2018年には、日本の女子チームがパシュートで年間得点数トップに輝いた大会でもありますからご存知の方も多いでしょう.

注意したいのはワールドカップの大会でパシュートが競技種目になるのは一部の大会だけだということです。
これまでにワールドカップでパシュートが行われたのは、オランダ大会、カナダ大会、アメリカ大会、ベラルーシ大会、ドイツ大会、ポーランド大会、日本大会などです。
どの大会でパシュートが行われるかは、毎年変わるので公式サイトでスケジュールを確認する必要があります。

この他の有名な国際大会としては前述した「ヨーロッパスピードスケート選手権大会」などがあります。
パシュートは2004年になって国際大会で競技種目として認められたばかりなので他のスケート競技と比べて競技種目に入っている大会が少ないのがちょっと残念ですね。

パシュートのビックな大会

パシュートも他のスピードスケート競技と同じく1番の大会は冬季オリンピックです。
今まで日本ではスピードスケートといえば500Mなど短距離の種目に注目が集まっていましたが、2018年の平昌の金メダル獲得以降はパシュートの注目度が急上昇し、ブックメーカーを題材とするサイトでもパシュートの記事が増えました。

平昌オリンピック以前からもブックメーカーサイトではパシュートにオッズが付いていましたが、花形の500Mが話題の中心だったので、いかに高木美帆選手をはじめとしたパシュートチームの活躍が印象的だったか分かります。

ちなみにパシュートの優勝チームを予想する賭けで当時のオッズは日本が2.5倍、オランダは1.5倍でした。
3位のカナダ23倍でしたから事実上日本とオランダの一騎打ちだったんですね。

また日本のパシュートチームに活躍して欲しい冬季オリンピックですが、次回は2022年年の北京冬季オリンピックです。

パシュートのオッズ・賭け方

パシュートのベッティングの賭け方は複数用意されています。
「勝者に賭ける」「優勝チームに賭ける」「3位以内に入るチームに賭ける」の3種類ですが、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

勝者にかけるタイプは他のスピードスケート競技でもお馴染みの賭け方で、1回のレースにおける勝者を予想します。
この賭け方は他のチームのことを考慮する必要がない単純明快なルールなので、ベッティング初心者の方はこれで賭ける感覚を身につけてください。
玄人の方は大穴狙いも面白いでしょう。スピードスケートに転倒はつきものですからね。

優勝チームに賭けるタイプは、オリンピックの場合であれば金メダルを取るチームを予想するものです。
他の大会では文字通り優勝するチームを当てることが目的になります。
オリンピックでは決勝はトーナメント方式になるので、それまでの対戦成績などを参考にしながら予想しないと当てるのが難しいためオッズは高くなる傾向があります。
パシュートベティングのベテランであれば的中しがいのある賭け方ですね。

3位以内に入賞するチームを当てる賭け方はオリンピックベッティングでよく見るものです。
ブックメーカー側もオリンピックを強く意識しているのか、他の競技でもよくこの賭け方を見かけます。
優勝チームを当てるよりも簡単なので、保険として賭けておくのもいいでしょう。

おすすめブックメーカー(日本語対応)

10bet Japan(テンベットジャパン)

10bet(10ベット)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:SUN100

Williamhil(ウィリアムヒル)

Williamhil(ウィリアムヒル)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:JP100

関連記事