ベッティングガイド

競馬のオッズや賭け方【初心者】

ブックメーカーがオッズを付けるスポーツの中でも五本の指に入るほど人気なのが競馬です。
ビッグレースとなると競馬場の盛り上がりを少しでも分かち合いたいと馬券を買ってしまう方も少なくないでしょう。

JRAでもインターネットで馬券を販売していますが、海外のレースに賭けることはできません。
度々話題になるドバイのレースに賭けるにはどうすれば良いのでしょうか?

そんな時はオンラインブックメーカーサイトを利用しましょう。
欧米やオーストラリアのG1をはじめとする様々なレースに賭けることができます。

海外のレースにかけると決まったら毎年話題となるレースを知っておく必要があります。
話題のレースは賭け金の総額が大きいので、巨額のリターンを手にできるチャンスなんです。

早速、世界のビッグレースを確認しましょう。

ブックメーカー(競馬)で賭けられる世界のリーグや大会

本当にとんでもない数のレースが毎年開催される世界の競馬界。
どれがベットの集まるメジャーレースなのか日本の競馬で腕を磨いた方でもよく分からないと思います。

まずは競馬が盛んな国と、その国で行われている著名なレースを確認していきましょう。

各国のクラブチームのリーグ戦や大会

競馬は中央アフリカや東南アジアの陸地の少ない国々を除いて、世界のほとんどの地域でレースが開催されています。

中国では香港に限定して世界トップレベルのレースが開催されています。
特に盛んにレースが行われているのがアメリカ、イギリス、日本、オーストラリア、イタリア、フランス、カナダ、ブラジルなどです。

アメリカとオーストラリアに至っては年間1万レース以上行われています。

競馬人気のある国々で開かれる歴史あるレースには、アメリカの「プリークネスステークス」、イギリスの「オークス」、フランスの「ジョッケクルブ賞」、ドイツの「ドイチェスダービー」、カナダの「クイーンズプレート」などがあります。

いずれも1900年以前から続く大会ですが、G1のものも多いためブックメーカーでも取り上げられます。

ナショナルチームの国際大会

現在各国の重賞レースのほとんどは海外で活躍する馬も参加できる国際レースとなっています。

かつてはジャパンカップにおいて上位を海外調教馬に独占された日本調教馬ですが、現在は海外のG1でも勝てるようになってきました。

今後の日本調教馬の活躍を見据えてレーティング上位の国際レースを確認しておきましょう。

まずは競馬の発祥の地イギリスで開催される「インターナショナルステークス」です。
1972年から続くG1で、2005年には日本のゼンノロブロイが2着と検討した大会です。

オセアニア地域でナンバーワンの馬を決めるオーストラリアの「コックスプレート」も権威ある大会です。

2011年からは主催者が海外の強豪馬を招待するシステムを採用しています。

ヨーロッパのシーズン第一号のG1として有名なのがフランスの「ガネー賞」です。
競馬の国際機関である国際競馬統括機関連盟が定める2018年のレースレーティングで9位と実力馬が集まる大会となっています。

国際大会のほとんどはG1~G3となっていますから、ブックメーカーサイトでも必ずと言っていいほどオッズが付きます。

ウィリアムヒルなど大手ブックメーカーサイトでは、G1レースは分かりやすく表示されるので開催間近となれば見逃すことはないでしょう。

競馬のビックな大会

ギャンブルの中でも指折りの歴史を持つ競馬だけあってトップクラスのレースはとんでもない規模です。

賞金総額が日本円で億を突破するレースがいくつも存在します。
ブックメーカーサイトでも注目を浴びるレースを2つ紹介しますから、名前と開催時期をしっかり頭に叩き込んでください。

競馬ファンの間で規格外のレースとして、お馴染みなのが「ドバイワールドカップ」です。
1レースの賞金総額が1000万ドルですから日本円に換算すれば10億円を突破します。

これ以上額を提供できるスポーツの大会といえばUEFAチャンピオンズリーグとサッカーワールドカップくらいです。
たった1日のイベントで総額10億円というのは他に無いでしょう。

更に恐ろしいのは、このレースは「ドバイワールドカップナイトイベント」の一部で、すべてのレースの賞金総額を合わせると、なんと2700万ドルになります。

開催は毎年3月の最終週と決まっていて、ブックメーカーの中には出走馬が公開された時点でオッズをつけるところがあります。

次に紹介するのは2017年に初開催となったアメリカの「ペガサスワールドカップ」です。
いきなり賞金総額1,200万ドルという世界最高額が発表され世界の競馬ファンの度肝を抜いた大会です。

現在は900万ドルになっていますが、それでも三本の指に入る規模の大会であることに間違いありません。

参加するには50万ドルの参加料を払う必要があるので本当に実力がある馬しか出走せず、毎回死力を尽くしたレースが展開されます。
開催は毎年1月下旬です。

競馬のオッズ・賭け方

競馬のオンラインベッティングの賭け方は基本的に従来のものを踏襲していますが、いくつか注意する点もあります。
まずは基本的な賭け方から見ていきましょう。

日本の競馬で見られる単勝は「Straightbet」や「ToWin」などと表記されています。

複勝は「Placebet」または「PlaceOnly2」です。「PlaceOnly3」は3位までなら的中です。
馬連は「Perfecta」または「StraightForecast」になります。

三連単は「Trifecta」か「TrebleForecast」です。
ブックメーカーによっては4位までの順位を正確に当てる「Superfecta」もあります。

一度に当てる順位を増やすとオッズが高くなりますが、それ以上に当たる確率が下がるので、4連単はよほど自信がある場合や神がかっている時以外は手を出さないのが無難でしょう。

注意したい賭け方は「EachWay」と呼ばれるものです。
単勝を買う際のオプションとして設定できることが多いのですが、有効にするとベットした馬が2位でも1位になった際の1/3~1/4のリターンが得られます。

その代償としてオプション無しで買った場合の2倍の金額を支払うことになります。
しかも2位で的中した場合は支払った額の半分の額にオッズがかけられます。

例えば単勝10倍の馬にEachWay(1/4)のオプションを付けて200ドル購入し、結果が2位だった場合の払い戻しは「(200/2)x10x0.25=250ドル」となります。

これから日本調教馬の海外進出はさらに活発になるでしょうから、それに間に合うよう競馬ベッティングの腕を世界のビッグレースで磨いておきましょう。

おすすめブックメーカー(日本語対応)

10bet Japan(テンベットジャパン)

10bet(10ベット)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:SUN100

Williamhil(ウィリアムヒル)

Williamhil(ウィリアムヒル)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:JP100

関連記事