ベッティングガイド

ドッグレースのオッズや賭け方【初心者】

日本では存在自体を知らない人も多いドッグレース。
ブックメーカーサイトでは、手軽にいつでもできるベッティング(賭け)として昔から一定の需要があります。

また、1レースが1分もかからず終わるものが多く、競馬よりも短時間で遊べ、最近はヴァーチャルドッグレースという100%スケジュールどおりに行われるドッグレースも開発されるなどベッティング環境が充実しています。

まずはドッグレース界で名の知られた大会を紹介しますので、興味が湧いたらその大会動画をネットで見るなどして雰囲気を掴んでください。きっとベットしたくなりますよ。

ドッグレースの賭けにおすすめのブックメーカー

10bet Japan(テンベットジャパン)

10bet(10ベット)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:SUN100

Williamhil(ウィリアムヒル)

Williamhil(ウィリアムヒル)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:JP100

ブックメーカー(ドッグレース)で賭けられる世界のリーグや大会

マスメディアでもほとんど取り上げられることがないドッグレース、全盛期ほどの勢いはありませんが、まだまだギャンブルのジャンルとして健在です。

ドッグレースが国民に広く浸透しているイギリスを中心に、人気の大会や大会の特徴をチェックしていきましょう。

各国のクラブチームのリーグ戦や大会

ドッグレースが番盛んな国はイギリスです。ドッグレース発祥の地ですから特別に人気があります。

イギリスの各地にはドッグレースを開催するレース場があり、古くから人々に親しまれています。

イギリス以外には、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、南アフリカ、アイルランドなどでも定期的にドッグレースが行われています。

レースは各レース場で行われ、有名な大会が行われるレース場には毎年多くの人が足を運びます。
イギリスでは1946年に年間の来客数歴代1位となる7000万人を達成しました。

各レースは犬の実力によりカテゴリ分けされており、場合によってはハンデとして重りをい犬に装着させるなどして公平なレースになるよう配慮がされる場合もあります。

ドッグレースの本場イギリスで行われる著名なドッグレースの大会には「グランド・ナショナル」「コーラル・リージェンシー」「ノーザン・スプリント」「スコットランド・ダービー」「グレイハウンド・ダービー・ファイナル」などがあります。

ナショナルチームの国際大会

ドッグレースには国別対抗戦のような大会はありません。
ヨーロッパで盛んに行われているスポーツであればヨーロッパ選手権など地域ナンバーワンを決める大会が必ずと言っていいほど催されていますが、イギリスで特別人気のあるドッグレースに関しては、そういったものは確認できませんでした。

ベッティングをする上で国際大会が存在しないというのは少し寂しいですが、代わりにバーチャルドッグレースというものがあります。

レース場や犬がリアルな3Dグラフィックスで表現されており、実際のレースと変わらない臨場感と興奮を味わえるものとなっています。

バーチャルレースですからアクシデントが起きることがなく定期的に開催できるので、ドッグレースベッティングをしたいと思った時に実際のレースがなくても手軽に楽しめる点が大きなメリットです。

ドッグレースのビックな大会

規模の大きなドッグレースの大会は、ほとんどがドッグレース発祥の地であるイギリスで開催されています。
世界的に見ても最高峰と言っていいイギリスのドッグレース大会を見ていきましょう。

ドッグレース界で最も価値のある大会と言われているのが「イングリッシュ・グレイハウンド・ダービー」です。

1927年より続く歴史ある大会でイギリス・トースターで開催されます。
賞金総額35万ユーロ、開催は毎年6月頃になります。

イギリス国内で圧倒的規模の大会といえば「スコティッシュ・グレイハウンド・ダービー」です。
毎年4月に行われ優勝賞金は20万ユーロ。優勝者はイングリッシュ・グレイハウンド・ダービーに出場するのが定番になっています。

アイルランドで90年以上続く「アイリッシュ・グレイハウンド・ダービー」も格式と規模で他の大会に引けを取りません。

賞金総額24万ユーロで、アイルランドでは最も権威のある大会として知られています。

ノーフォークで開催される「イースト・アングリアン・カップ」は比較的距離の短いレースです。
460メートルほどの距離を30秒足らずでグレイハウンドが駆け抜けます。

優勝賞金は15000ユーロと少なめですが、ヤーマススタジアムの目玉イベントになっています。

最後に紹介するのは毎年7月にノッティンガムで開催される「セレクトステークス」です。
優勝賞金は7500ユーロで、一般的なドッグレースの賞金としては高額な部類に入ります。
イギリスで最高のドッグレース体験ができると評判の大会でもあります。

ブックメーカーでは特にイギリス企業であるウィリアムヒルがドッグレースを取り上げられることが多いです。

ドッグレースの中心であるイギリスの大会をメインにベッティングするならウィリアムヒルで決まりでしょう。

ドッグレースのオッズ・賭け方

ブックメーカーサイトではイギリス、オーストラリア、アメリカの各スタジアムで行われるレースに賭けることができます。

ほとんどのレースが6頭立てで行われ、マルチベッドが可能となっています。注意したいのがライブベッティングがないということです。

また、ドッグレースは他のベッティングとは異なり、賭ける時点でオッズが分かりません。そのためコンピューターが算出する参考値をヒントにベットします。

本当のオッズが分かるのはベッドしてから数分後から10分後ほどになるので注意してください。

賭け方は日本の競馬とほとんど同じと考えて問題ありません。

WIN

最もシンプルな1着を当てる「WIN」。

Place

初心者でも当てやすい「Place」では賭けた犬が1着か2着に入れば勝ちです。

Forecast

「Forecast」では1着と2着になる犬を当てる高難易度の賭け方です。順位と犬が合っている必要がありますからオッズは高くなります。

RverseForecast

Forecastを当てるのが難しすぎるという方におすすめなのが「RverseForecast」です。賭けた2匹の犬が順位に関係なく1着と2着に入っていれば的中となります。

Trifecta

玄人でも難しいのが「Trifecta」、競馬で言うところの三連単です。
1着から3着までを正確に当てる必要があるので当たることは滅多にありません。

EachWay

ドッグレース特有の賭け方として注目したいのが「EachWay」です。
1着を当てるWINと、1着か2着を当てるPlaceが組み合わさった賭け方で、賭けた馬が1着になるとWINとPlaceの2つ分のリターンを得られます。

競馬やF1などの大一番に賭けるのとは違い、気軽にいつでも賭けられるカジュアルさが魅力のドッグレースベッティング。
電車や病院の待ち時間を潰すためにやるのもいいでしょう。

おすすめブックメーカー(日本語対応)

10bet Japan(テンベットジャパン)

10bet(10ベット)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:SUN100

Williamhil(ウィリアムヒル)

Williamhil(ウィリアムヒル)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:JP100

関連記事