ベッティングガイド

バスケットボールのオッズや賭け方【初心者】

八村塁の活躍で東京オリンピックやNBAなど来年のバスケットボールに期待を寄せている方は多いと思います。
これを機にネットでブックメーカーサイトを利用しようと考えている方も多いのではないでしょうか?

ちょっと覗いてみるとわかると思いますがブックメーカーサイトに掲載されているバスケットボールリーグの中にはヨーロッパのものが多くあります。
実は、ヨーロッパはバスケット版チャンピオンズリーグが開催できるほどバスケが盛んなんです。

せっかくバスケットの賭けをするなら、ヨーロッパのバスケリーグや大会について基礎知識があったほうがいいですよね。
そこでヨーロッパも含めて世界で知名度の高いバスケリーグや大会について解説します。

ブックメーカーサイトで提供されているバスケットの賭けの種類についても紹介しますのでバスケットベッティングに興味のある方はぜひ一読してください。

ブックメーカー(バスケットボール)で賭けられる世界のリーグや大会

ヨーロッパにおけるバスケット人気は確かなもので各国においてバスケットのリーグがあります。
そのリーグでプレーする選手の中にはNBAに移籍する者や、ナショナルチームが参加する大会でアメリカを翻弄するようなプレイヤーもいますから、ヨーロッパの有力リーグを是非知ってください。

各国のクラブチームのリーグ戦や大会

バスケットボールのプロリーグはアメリカとヨーロッパを中心に開催されています。
その中で世界のトッププレイヤーが集うリーグといえばNationalBasketballAssociationすなわちNBAです。
本拠地をアメリカかカナダに持つ30のチームが優勝かけて争います。
外国籍の選手も113人と多く在籍し、世界最高峰の試合が楽しめます。

ヨーロッパではワールドカップで実力を発揮したスペインを始め多くの国が自国にリーグを持っています。
フランスの「LNB」、リトアニアの「LBL」、ギリシャの「A1エスニキ」、トルコの「ターキッシュBL」、セルビアの「セルビアBL」、オランダの「エールディビジ」、ポルトガル「LCB」、この他にも多くのヨーロッパの国々にバスケットボールリーグがあります。
2019年に開催されるバスケットボールワールドカップでもヨーロッパからの参加国が12カ国と一番多く、バスケットを見るならヨーロッパのリーグもチェックする必要があると実感させられます。

ブックメーカーにおいては、NBAが他のリーグよりも厚遇されています。
全試合オッズがつくのはもちろんのこと、他のリーグでは用意されない賭け方も楽しめます。

ナショナルチームの国際大会

バスケットボールにおける国際大会はそれほど多くありません。
それでも開催ごとに知名度を上げている国際大会といえば「FIBAバスケットボールワールドカップ」です。
1950年から続く大会で、歴史ではNBA並の長さ。
出場国は合計32カ国で、アフリカ・アメリカ・アジア・ヨーロッパの4地域の代表が優勝を目指します。
近年強いのはアメリカとヨーロッパの国々です。
アメリカ代表は特にドリームチームと呼ばれることもあり、NBAのトッププロ選手が参加することもあります。

この他には、ヨーロッパの各国代表が集まるFIBAヨーロッパ選手権があります。
なんとオリンピックやワールドカップよりも歴史が古い大会です。

ブックメーカーでは著名リーグと比べて扱いが小さいですが、リーグよりも手軽に短期間で優勝者を当てる賭けが楽しめます。

バスケットボールのビックな大会

バスケットボールで賭けをするなら絶対に見逃せな大会が3つあります。
ひとつは「NBAファイナル」。
世界のトップリーグであるNBAの王者を決める2チームによる大会です。
他のアメリカメジャースポーツのファイナルと同じく先に4勝したチームが優勝となります。
開催されるのは例年6月頃です。

次は「ユーロリーグ」です。
バスケットボールのUEFAチャンピオンズリーグ的な大会で、開催期間は毎年10月から翌年5月かけてです
2017年から2018年の大会ではヨーロッパの各国から16チームが参加し260試合が行われました。
ヨーロッパでは広く認知されておりバスケットボールの大会としてはヨーロッパで最高峰のものとなっています。
2000年以降の大会ではギリシャ、スペイン、ロシアのクラブチームの優勝が目立っています。

最後は日本でもおなじみの「バスケットボール・ワールドカップ」です。
世界24カ国(2019年から32カ国)が参加し4年に1度行われる大会で、主催は国際バスケットボール連盟。
1950年から続く大会で、2000年以降は徐々に知名度が上がって観客数も増えてきています。
次回大会は2019年8月に中国で開催されます。

いずれもメジャーの大会だけあって様々なブックメーカーサイトでオッズが公開されます。
安心して賭けたい場合はウィリアムヒルなど大手サイトを利用するのがいいでしょう。

バスケットボールのオッズ・賭け方

バスケットボールで賭ける場合、多くがNBAの試合になると思います。
NBAの試合は4つに区分され、それぞれの区分で12分間戦います。
そのため各区分における結果に賭けることが可能です。

12分の区分を終えた時点における「勝敗予想」「総得点予想」「得点差予想」などに賭ければ、20分未満で結果が分かりますから手軽です。
最初の賭けの結果に満足できなければ続けてかけられるのもポイント。納得いくまで賭けられます。

NBAに賭ける場合、試合以外にもシーズンの結果に賭けることができます。
「シーズン優勝」「カンファレンス優勝」「ディビジョン優勝」の3つの優勝のいずれか、または全てに賭けることが可能です。
優勝すると予想しているチームが勝ち進む途中で、この3つに賭けていけば大きなリターンを得られるわけです。

また「新人賞」「ディフェンシブプレイヤーオブザイヤー」などの個人賞を誰が取得するかに賭けることもできます。

バスケットボールは大番狂わせが起きにくいスポーツとして知られています。そのため実力差があるチームが対戦する場合は強いチームのオッズが極端に小さくなりリターンは多くありません。
しかし、初心者にしてみれば当てやすい賭けとなるので、初めてブックメーカーを利用するならバスケットベッティングはおすすめですよ。

おすすめブックメーカー(日本語対応)

10bet Japan(テンベットジャパン)

10bet(10ベット)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:SUN100

Williamhil(ウィリアムヒル)

Williamhil(ウィリアムヒル)

最大100ドルの100%ボーナス
ボーナスコード:JP100

関連記事